失敗せずに税理士を選ぶことができる3つのポイント

税理士選びの成功への道

税理士選びでよくある失敗例

失敗をあせる女性

税理士選びで失敗してしまったというお話をよく耳にします。よくある失敗例として次のものが挙げられます。

1.顧問報酬が業務に対して割高である
税理士業界は、もともと競争意識の低い業界です。また、顧問先の会社ごとに業務の内容が違うことなどから、報酬の比較が行いにくいということもあります。

2.決算対策の提案をしない
決算対策は、税理士の実力が問われる業務です。経験の多寡によって、提案できる内容に幅があります。
中には記帳代行や書類の作成に特化して、決算対策の提案が苦手な税理士もいるようです。

3.レスポンスが遅い
通常の業種であれば、早いレスポンスは当然のことです。
ですが、メールや電話に対して、何日も回答を保留するような税理士も多くいます。このような税理士を顧問にしていては、会社の機動的な舵取りを行うことができません。

4.税務や会計について最新の知識を持っていない
税務や会計については、関係法令が常に改正され知識のアップデートが必須です。特に高齢の税理士については、勉強が追い付かず、昔ながらの知識で対応する人もいるようです。

上記は、すべてサービス業として意識が薄いことに原因があります。他の業種と同様に顧客の目線に立って、よりよいサービスの提供を心掛ければ発生しにくい問題なのです。
サービス業としての高い意識を持った税理士を選ぶことができれば、失敗しにくいといえるでしょう。

最新記事一覧