失敗せずに税理士を選ぶことができる3つのポイント

税理士選びの成功への道

失敗しない良い税理士の選び方について

税理士は会計・税務の専門家です。会計や税務、お金に関することは、会社の運営にとって基本であるため、会社の発展のために良い税理士を選びたいものです。
ところが、税理士選びに失敗してしまい、頭を悩ませる経営者も多くいます。税理士といったん顧問契約を結ぶと、その後に他の税理士に変更しようと思っても難しい場合があります。
顧問契約締結の前に、しっかりと検討して自分の会社にとって良い税理士を選ぶことは非常に重要です。

税理士を選ぶ際に失敗するケース

・料金表が曖昧で、月次の顧問料以外に想定外の料金を請求されるケース
・税理士が偉そうな態度をとるケース
・契約を結んだ税理士のメールへの返信が遅く、打ち合わせにも遅刻をするケース
・担当者に任せきりで、代表税理士に相談できないケース
・契約を結んだ税理士が節税対策の提案を行ってくれないケース

失敗せずに税理士を選ぶことができるポイント

1.明確な料金表を持っているか
税理士の業務は、申告書の作成代理や会計帳簿の記帳のみにとどまらず、経営に関するアドバイスや税務調査対応など幅広い内容を有しています。
税務の申告書といっても、法人の確定申告だけでなく、時には代表者の個人の確定申告を合わせて行うこともあるでしょう。
また、税目についても法人税だけでなく、消費税の申告が必要な場合もあります。年末年始には、税務署は各市町村への各種報告書類の作成などもあり、意外と多くの業務があります。

これらを自社内で処理できない場合には税理士にお願いすることになると思います。
また、内部の人事に関する体制が整っていないような会社に対しては、給与計算に関する助言も行うことになると思います。さらに、社会保険関係の手続きを代行することもあります。
このように、業務の幅が大きいこともあり、税理士との間で報酬について問題になることがあります。税務調査対応は別料金なのか、決算申告料は別途必要なのかなど、事前に報酬に関してしっかりと確認を行いましょう。

2.サービス業としての意識があるのか
税理士に関する不満について意外と多いのが、顧客に対する対応についてです。
メールや電話などへのレスポンスの早さについては確認したいところです。中には、業務に忙しいあまりメールへの返信が1週間もかかる税理士もいます。
打ち合わせでも、よく遅刻するなどという話もよく耳にします。また、日頃「先生」と呼ばれる機会が多いためか、偉そうな態度をとる税理士もも多くいます。

このような関係では、経営者も本音で相談することもできません。会社経営についての相談において何よりも重要なことは、気軽に相談できる環境があるということと思います。
上記のような、メールや電話などの連絡のレスポンスが遅く、偉そうな態度をとる税理士には気軽に相談できると言い難いです。サービス業としての意識があれば、絶対にとらない態度・対応です。

3.税理士の特徴を知る
自分の業種に関する経験はあるのかを確認しましょう。その業種に関する経験と知識がなければ、有効な決算対策を行うことはできません。どのビジネスにおいても共通ですが、相手のことを知らないと本当に良いサービスを適用することができないものです。

また、事務所の規模や現在抱えている案件数についても可能な限り質問しましょう。税理士一人で対応できる業務には限界があります。
あまりに忙しい状態だと、どうしてもレスポンスが遅くなり、決算対策が後手に回ってしまいます。たくさんの案件数を常に抱えている事務所は、担当者に任せっきりの部分が多く、代表税理士と面談をする機会も少ない可能性があります。

税理士について熟知した人に相談すべき

上記3つのポイントを確認すれば、税理士選びに失敗することはないでしょう。
ただし、経営者個人では、このポイントを確認することに限界があります。税理士を選ぶ際には、経営者の知人からの紹介やホームページで検討を行うことが多くあります。

紹介してくれた人も、料金についてはあまり詳しくないでしょう。ホームページの記載だけでは、税理士の人柄を判断することはできません。過去の経験についても、すべてを掲載することは不可能です。時間の節約のため、よりよい税理士を選ぶため、多くの税理士について熟知した人に相談すべきです。
例えば、税理士紹介サービスの担当者などは、たくさんの税理士と事前に面談をして、その人となりを理解しています。面談の結果、顧問先の数や関与した経験のある業種、得意なジャンルなどのホームページには掲載していないようなことについても情報をもっています。
このようなサービスを利用して、候補となる税理士を紹介してもらうことも一つの手かもしれません。

最新記事一覧